あたまのなかのせかい

東風うががの頭の中に広がっている世界を綴るブログです。絵や文章の無断転載、転用、加工等は禁止です。

【番外・うちよそ】ある年の天城くんの誕生日のお話

『悪い。遅れそう。』

仕事の隙を見て急いで送ってきただろう短い文。間に合わないかもしれないという落胆よりもその気遣いが嬉しくて、なんだかにやけてしまう。

 

『大丈夫。予約の時間になっちゃうから、先にお店に向かってるね。』

お店のサイトのリンクと一緒にそう返信して、予約したとっておきのお店に向かった。

 

席は特等席だった。ここなら一番綺麗に見ることができる。

席を案内してくれたお兄さんに訝しまれなかったことに内心安堵した。こういう服は冬なら重ね着で体型をどうにか誤魔化せるけど、夏はそうもいかない。腕が隠れるものを選んだから多少はいいかもしれないが、見た目の部分でのカバーは立ち振る舞いでどうにかするしかなかった。

お店には若いカップルが多く、これから起こるイベントを心待ちにしながら甘い雰囲気を放っている。手を握り合いながら談笑する男女を羨ましく思った。晴彦と人前で堂々といちゃつくことはほとんどなかった。したくてもできなかった。でも誰にも気付かれないなら、許されるかもしれない。

 

「お客さま、お時間になりましたが料理はいかがしましょうか?」

「申し訳ございませんが、彼が来てからでも大丈夫ですか?」

「かしこまりました。」

 

スマートフォンの画面が光る。

『ごめん、今上がった。すぐ行く。』

待ちに待ったメッセージに心が躍った。もうすぐ彼がやってくる!晴彦のことだから、すぐ行くってことはすぐ来てくれる。

立ち上がって入り口の方を見ながら、不安が過ぎった。この格好、やっぱり変じゃないだろうか?嫌がられないかな?緊張で胸が苦しい。

見慣れた銀髪赤メッシュが見えてきた。どうしよう、顔が熱い。受付を通ってきた彼と目が合う。驚いているのが表情から伝わった。

 

f:id:ppskk:20191124225523j:plain

 

「……ごめんな。遅れちまって。」

「全然、目的のやつには間に合ってるし。急いで来てくれたしさ。それより、えっと……」

「すっげえかわいい。びっくりした。」

その言葉だけで魔法にかかったみたいにさっきの不安がなくなって、心の中がキラキラとした光で溢れてくる。晴彦はちょっと照れているようで、その表情がとても可愛くてときめいた。ああ、もう。本当に大好きなんだよな。

 

ドン、と音がした。始まりの合図だ。

席に着くと、花火が空に咲き出した。バーカウンター越しに夜景と一緒に見える花火は格別で、祭りの時とは違った大人の雰囲気にドキドキする。

 

f:id:ppskk:20191124225716j:plain

 

花火が一旦落ち着いたところで、バーテンダーが注文と取りに来た。オレはアフィニティ、晴彦はキールを頼んで、また咲き始めた花火を観る。しばらくして晴彦の見ると端正な顔立ちで花火に見入っていて、その横顔に引き込まれてしまった。

 

f:id:ppskk:20191124225823j:plain

天城くんを愛おしい目で見る涼の絵

 

オレの視線に気付いた晴彦がこっちを見た。

「随分と熱い視線だな。」

「そりゃそんなカッコいい顔してるんだから、見入っちゃうって。」

「なんだそりゃ。」

オレだけに見せる優しく微笑み。これ以上ない幸福感に、今日2回目の言葉が口から溢れる。

「晴彦、誕生日おめでとう。出会えて本当によかった。」

今年もこの言葉を伝えられて、本当に幸せだ。また来年も、その先もずっと、晴彦の生に、出会えたことに感謝できることを、噛み締めながら祈っていた。

 

天城くんと涼が談笑する絵

 

 

**************

Happy Birthday, Aug. 10th 2019!!

天城くん、誕生日おめでとう!今年もお祝いできてよかった!

天城くんと、天城くんを生んでくれたコウヤマに大きな感謝と愛を込めて!

だいぶ遅くなったけど、また一年、幸せな時間を過ごせますように。

 

**************

アフィニティ:カクテル言葉「触れ合いたい」

キール:カクテル言葉「最高のめぐり逢い / 陶酔」

 

 

#1 序話・細い月と暗殺者

細い月が桜を淡く照らしている。今夜の任務は何事もなく完了した。

ターゲットは悲鳴をあげる間もなく、首を切られ即死した。真っ赤な刀身の日本刀・蜥蜴丸には、また別の赤が付着してしまった。黒いローブにも目立たないが、まだ乾いていない赤い血がこびりついていた。

青龍明はため息をついた。暗殺の後は力が抜ける。気が付かないうちに神経を使ってしまっているようだ。それでも今日はターゲットが都合良く深い森の中に現れたおかげで、疲れは軽く感じていた。

 

明の任務は、フリーの殺し屋を暗殺するというものだった。ただの殺し屋だったならば、彩華あやはな——明の所属する秘密結社である——は放置したかもしれない。だがしかし、男は異能者であった。

異能者。言葉通り、一般的な人間とは異なる能力を身に付けた者のことだ。超能力者と呼ばれる者もその一つである。この殺し屋の能力は影を操るというものだったそうだが、見ることは叶わなかった為、詳しくはわからない。

 

それにしても、都合良く行きすぎていないだろうかと明は思っていた。

ターゲットが人目につかない森の中に現れるということ自体、計算外の出来事であったのだ。事前に渡された資料には、男は敢えて人混みの中で殺すという手法を好んでいると書かれていた。確かにいつもはこの森に潜んでいたという仮説が成り立たなくはないのだが、その可能性は少なかった。この森の主もまた異能者であり、部外者であるはずの男を許すことはないだろう。

面倒なことになりそう。明は声に出さずに呟いた。考えることが嫌いな明にとって、嫌な予感というものは最大の敵であった。任務は一度、殺せば終わるというものだけがいい。関係者まで手にかけるとか、仲間が他にもいたとか、手間が増えるのは疲れる。まだ殺しは、黒——彩華の暗殺部隊である——に所属している自分の専門だから仕方のないことだけども、なぜここにいたのかを調べろとか、この殺し屋の男が追っていた人物を探し出せなんて言われたらと考えるだけで気が重い。そんなことは調査部隊である青の仕事だ。

 

エメラルドのような美しい色のつり目が茂みの一点を見つめた。微かな気配を感じる。長く留まりすぎたことと、考え込んだことが原因か。余計な客を近付けてしまったらしい。

 

明は躊躇なく、蜥蜴丸を死体に突き立てた。

「発火。」

小さく呟くと死体から火が上がる。肉と服が焼ける、嫌な臭いがその場を満たした。

明もまた異能者だ。火を操り、その上、見た者を不幸にするという曰く付きの妖刀・蜥蜴丸を使いこなしている。明の小さな体には不釣り合いの太刀だが、持つ手はしっかりとしており、主であることを証明しているようであった。

 

僅かだが草が擦れる音がした。その方へ腰に差していた小刀を投げる。それを避けるため、茂みに隠れていた者が木の上にぴょんと飛んだ。

その者は明と年はそう変わらないように見える、白い武道袴に身を包んだ少年だった。真っ黒な眼がこちらを見据えている。

そういえば、この森の主の孫は同年代の子供だった。少年はその孫なのかもしれない。そう明は思っていた。

「貴様は誰だ?人の領地で何をしている?」

少年は凄みを利かせた声で話す。どうやら威嚇しているつもりらしい。腰に差している日本刀に手を掛けていた。戦うつもりか。 ここで無駄に争うことは得策ではないことを明はわかっていた。森の主が来てしまえば、自分一人では手に負えないことになるだろう。少年を傷付けようという思いもなかった。任務外の仕事はしたくない。

だが、目の前の少年は説明をしたところで引くことはないと直感的に感じとっていた。それに、説明をすればその間に囲まれるのが落ちだろう。今でさえ囲まれていないことが奇跡であるのだから。

「答えろ。」

その言葉に対し、口を動かすことなく、ぴょんと少年の後ろへと回り込んだ。その動きの速さに少年は遅れをとり、振り向く前に首へ掌底打ちを食らわせる。すると、物の見事にそのままの姿勢では倒れこみ、木から落ちる。明はその一歩前に、華麗に着地をした。少年の体は茂みがクッションとなった為、外傷はなかった。近寄って肩を叩き、意識を失っていることを確認した。

 

今度こそ森は静けさを取り戻した。とはいえ、森の主に気付かれる前に脱出しなければならない。茂みに落ちている小刀を拾う。

男の死体はもう真っ黒く焦げつき、骨が取り残されているだけとなっていた。残るは後処理のみだ。

「消化。」

呟くと同時に蜥蜴丸、さらに死体の残骸も塵と変わる。その塵は明の掌へと集まり、ひとまとまりとなった。そして、赤い光を放つと、真ん中に蜥蜴が刻まれた赤い石のペンダントへと形を変えていた。明はそれを首につけてから、黒いローブに付いた血を指でなぞった。そこがぷすぷすと音を立て、焦げる匂いがする。すると、血がみるみるうちに消えて無くなったのだった。

 

トラブルはあったが無事任務は完遂した。少年はこの領地の者なら放置してもいいだろう。そう明は判断し、左のローブの裾を捲り上げ、オペラグローブを晒す。その口に細長い丸型の真っ白な石がついている。見た目はただの石だが、異能者の力に反応し空間移動をさせる、岐くなと石と呼ばれる特殊なものである。

明が唇でそれに触れようとしたとき、目線の先に光る何かが目に入った。気になって細目で見てみると、白い羽だとわかった。しかし、なぜか不思議な気配を感じ、近寄って手に取ろうとする。すると、それははじけて消えた。まるでシャボン玉のようだった。

これもまた異能なのか。異能ならば気を取らせるための罠か。それともただの偶然か。

明はしばらく思考を巡らせていたが、今の自分には分かりかねると結論付け、立ち上がり目の前を見た。すると、木に絡んだ蔦の間に何かがあると気付いた。今度はなんだ、と近寄って見ると、それは干からびた人の手だった。ため息が出る。このまま放置して帰ってしまいたい。そう思いながらも観察し始める。

その手には木が巻きついており、辿っていくと、口から生えていることがわかった。当然ながら死んでいる。

こんなのオレの担当じゃないのに。面倒くさい。明はそう思いつつ、右のローブの裾を捲り上げ、オペラグローブを晒す。その上腕に触れる口には、左腕の岐石とよく似た真っ黒な石がついている。同じく見た目はただの石だが、異能者の力に反応し、テレパシーによる電話の機能を果たす、伝達石と呼ばれるものだ。それに唇で触れると、青白く光った。通話ができる合図だ。

『こちら、黒。トカゲマル。任務後に不審事件に遭遇。我がマスターにお取り次ぎ願いたい。』

トカゲマルとは、明の仕事上の名前だ。

『了解、トカゲマル。こちら、白。ポックル。至急取り次ぎます。少々お待ちを。』

忙しい上司であるマスターには、直接テレパシーを飛ばしてはならないという決まりがある。受信したのはテレパシーを伝達石無しで飛ばすことのできる異能者たちだ。  少しの沈黙の後、聞き慣れた声が聞こえてきた。

『待たせたな、トカゲマル。こちら、黒。マスター。何があった?』

『白花神社付近の森にて不審死体を発見。おそらく異能により致死したものです。いかが致しましょうか?』

『そうか……とりあえず調査の為、青に応援を要請する。これ以上の滞在は危険だ。お前は戻れ。』

『了解。』

このまま戻っていいという指示に、明は心底安堵した。時刻は間もなく午前一時。日次報告書を仕上げ、帰宅する頃には午前二時を過ぎるだろう。これ以上は体力的につらい。明日の授業はきっと眠ってしまうだろう。

問題は山積みだが、今度こそ任務は完遂した。岐石に唇で触れる。すると石が紫に光り、触れていた唇から粒子化していく。そして足元へと徐々に化し、足先も全て粒子となった途端、弾けて消えた。

森には少年と干からびた死体、そして、消えたはずの白い羽が残っていた。

【キャラクター紹介】アイリス

アイリス

Iris

 

誠次が父から幼い頃に貰った、エメラルドの指輪に宿っていた風の精霊・シルフィード

気まぐれで嫉妬深くいたずらが好き。誠次に好意を持っているようで、彼に気がある者には容赦なく攻撃をし、怒ったり驚いたりするのを馬鹿にしている。

人間の言葉は話すことができないが、理解はしている。妖精語やエルフ語、ドラゴン語を話しているようなので、語学は堪能なのかもしれない。

飛行能力を持たない者に力を授けたり、風を使った瞬間移動、風を刃とした攻撃などを得意とする。

 

 

誕生日:不明

軸年齢:不明

性別:女性

身長:22cm

体重:測らせてくれないけどすごく軽い

種族:シルフ

血液型:不明

利き腕:右

好き:成宮誠次、花の蜜、蜂蜜

嫌い:宮川芒、誠次に恋愛的な好意を抱く者、自然の少ないところ、鳥

【キャラクター紹介】成宮誠次


f:id:ppskk:20190805215330j:image

 

成宮誠次

Narimiya Seji

 

名桜中学校1年4組の明るく熱血漢なクラスのムードメーカー。他人の気持ちに敏感で、一人になっている子を放っておけない世話焼きな面があり、明とはそうやって構っているうちに仲良くなった。

芒とは反りが合わないのか、喧嘩するほど仲が良いというべきか、しょっちゅう口論している。

5歳離れた兄と妹がいる。母は仕事でいつも帰りが遅く、兄は歳の離れすぎた妹の世話を今はあまりしようとせず、父は単身赴任で海外におり、会うことも少ない。そのため妹の世話をしている。今ではご飯もある程度作れるようになった。

異能とは全く関わらず生きてきたが、明や沙矢たちに出会ったことで、彼の運命は今までとまるで違う方向に道を指していく。

後々の主な使用武器は短剣。風の精霊シルフィードと心を通わせ、風を操作することもできる。

 

誕生日:7月16日

誕生花:ポーチュラカ(いつも元気、無邪気、自然を愛する、チャーミング、可憐)

軸年齢:13歳

性別:男性

身長:155.6cm

体重:47.4kg

種族:人間

血液型:O型

利き腕:右

好き:カレー、キャンプ、ヘアピン

嫌い:成宮勇樹(兄)、数学、宿題

【キャラクター紹介】黒羽

 

f:id:ppskk:20190802205734j:image

黒羽

Crow

 

秘密結社・彩華の殺人部隊の「赤」の部隊、断切百々の率いる人形隊の一員。

普段は優しく温厚な性格だが、任務時には悪辣で情緒不安定な殺人鬼に変貌する。

明と真琴のことを何かと気に掛け、相談に乗ることもしばしば。また、白の研究員の水樹則夫の世話係をしている。

第3章からは誠次の師となり、風属性の異能での戦い方を教えるようになる。

本名は隠している。明と同じく、どこからか誘拐されてきた子供のようだ。

主な使用武器は大鎌。異能は不明点が多いものの、風に関する力と不死身体質を持っている。 

 

誕生日:9月10日

誕生花:マルメロ(誘惑、魅惑、魅力、魅惑、幸福、豊麗、唯一の恋)

軸年齢:18歳

性別:男性

身長:160.2cm

体重:48.7kg

種族:不明(外見は人間)

血液型:A型

利き腕:右

好き:アップルパイ、紅茶、xxxx

嫌い:朴舘理比斗、断切百々、肌の露出が多い服

お前の名前は

精霊が体よりもかなり大きい紫の花を引っ張っていた。

食べたいのか?と聞くと首を振った。精霊は花を指差してから、自身を指差す。つまり。

「この花はお前なの?」

嬉しそうに首を縦に振った!正解だ!

これは確か、前に希望が教えてくれたあの花に違いない。

「お前の名前はアイリスか!」

精霊、アイリスは笑い頷いてからオレの後ろに回った。そして背中に触れる。その瞬間、信じられないことが起こった。羽が生えたんだ。

「はっ!?はね!?」

動揺するオレを大笑いして、空へと向かった。するとそれを追おうとするように、動かしたこともない羽が羽ばたく。体が浮いた。

「……マジ?」

アイリスを目指してどんどん上昇していくオレの体。アイツがスピードを上げる度にジェットコースターのような感覚を味わい叫び声を上げる。それを見て嬉しそうに笑い、またスピードを上げて飛んでいく。もう無理。吐きそう。

「精霊さん、ストップストップ。」

風から師匠の声が聞こえて、ようやくアイリスが動きを止めた。オレには理解できない言葉でアイリスと師匠が話しているうちに、呼吸を整える。

「そっか、彼女の名前はわかったんだな。誠次。」

「は、はい……こんなことに、なるとは……思いませんでしたけど」

息を切らしながら答えると、2人して笑い出す。そんなに面白いか!ムッとして文句を言おうとしたが、師匠が手をパンと鳴らす音でそれは阻まれた。

「さてと、休憩は終わり!短剣を構えて。」

「えっオレ全然休めてないっスよ!」

「時間は有限だからな。休憩時間は変わらないぞ。さあ構えて!」

表情は見えないが、師匠の顔つきが変わったことはわかる。正直くたくただが、やってやるか!

「師匠、お願いします!」

空の中で小さな師匠に向けて、オレは短剣を構えた。

 

f:id:ppskk:20190728170839j:image

 

【3-1】お前の名前は / 成宮誠次

大衆の中の孤独

あの反乱で彩華のアジトから逃れたオレは、非現実的なあの空間から都会の街並みに放り出された。

そして約9年の時を経て、大きく変貌した世界を目の当たりにした。

歩いている人のほとんどが、前にシュルムが「携帯電話のすごいやつ」と説明していたスマートフォンを手にし、イヤホンは無線となり、買い物や移動にはカードを使うのが当たり前になっている。

オレの世界は10歳で止まったままだ。

買い物をしようにもお金がない。お風呂に入りたくても家がない。あの頃は全て親に頼りきっていたけれど、もう死んでしまったのだからどうしようもない。

オレは一人だと実感する。

弟と妹は今頃どうしているだろうか。きっと祖父母の元だろうか。会いたいけれど、会いたくない。殺人鬼と化した自分を見られたくない。怖がらせたくはない。

こんなにも人がいるのに、誰にも頼ることができない。

自分で自分のことを抱きしめて、どうにか正気を保とうとしているんだ。


f:id:ppskk:20190727234612j:image

 

【5-1】大衆の中の孤独 / 黒羽